• てんかんの診断は精神科、神経内科、脳神経外科で受診

    2016年4月19日

    てんかんとは、様々な成因による慢性の脳疾患で、大脳の神経細胞の電気的活動の異常といえます。 発症年齢は、多くの場合が3歳以下で、80%が18歳以前に発症すると言われています。幼児期の発症においては、小児神経科を受診すればよいでしょう。 てんかんの多くが18歳までに発症しますが、幼児期から高齢期ま...

    記事の続きを読む