思春期に発症するてんかんの症状

てんかんにもいろいろな種類がありますが、8歳から20歳に発症して独特の発作が起こりやすいので、若年ミオクロニーてんかんと呼ばれます。

この思春期に発症するタイプは、特発性てんかんの20%~25%を占めているので、かなりの割合を占めているといえます。
不規則な症状が強く起こってしまい、発作が強くなると転倒する可能性もあります。
この症状は、具体的には全身あるいは手足のどこか一部分の筋肉が、ピクッと収縮する発作です。
瞬間的になってしまう症状であるため、自分で気づかない場合もあります。
しかし、連続して症状が数回起こることもあるので、思春期に発症するタイプでも発症が分かることもあります。

強く発作が起こると、自分が持っている物を投げ飛ばしてしまうこともあります。
思春期に発症するので、こういった予期しない発作に悩まされる患者も少なくありません。

このタイプのてんかんは、光の刺激によって誘発されることもあります。
そのため、光を感じる寝起きや眠りかける時に、起こりやすい傾向があります。

このてんかんの発症の主な原因は、遺伝だと考えられています。

一方、若年欠神てんかんも思春期に起こる疾患です。
発作は、小児欠伸てんかんと同様ですが、発作の頻度は少ないのが特徴です。
こちらの場合には、全般性強直間代発作を合併することもあります。

賞状は、強直発作と間代発作を起こすのが、全般性強直発作です。
この発作の後には、自然睡眠と言って30分から1時間くらいの眠りに落ちてしまいます。
その後には、いつもの暮らしに戻るのが普通です。

発作直後は、意識が薄れてもうろうとしているので、家族など側にいる人が充分な注意をする必要があります。

寝起き直後に起こりやすいてんかんです。

ページの先頭へ戻る